愛犬は可愛い存在!健康で長生きしてね!

私はミニチュアダックスフントを飼っています。

今年で14歳を迎えたおばあちゃん犬ですが、14年間変わらず我が家のアイドルです。
大きな目、短い手足、尻尾を振ると一緒に揺れる丸いお尻。小型犬とは思えない大きな声。食べる事が大好きで、散歩が嫌いでちょっとおデブ。たまにおしっこを失敗することもありますが、それでも憎めない存在です。

我が家の愛犬はとにかく家族が好きで、家族が返って来る時間になると玄関で座って待ち、乗っている車のエンジン音を聞いては帰宅したことに気付いてワンワンと吠えながら尻尾を振って待っています。その様子を見ると、庭を走り抜けて「ただいま!」と言いたくなります。
また、子犬の頃はとにかく人とくっついていたい犬でした。

誰かが畳に座っていれば足元へ行き、短い足を懸命に持ち上げて座ろうとするので正座や足を崩した座り方をしていても、ついつい胡坐を組んで犬を抱っこしてやりたくなってしまいました。また、誰かが横になっているとその足の上に乗って両足の間で長くなっていたり、腕と脇の間に入って腕枕状態で眠ったりと、「可愛い!だけど動けない!体が痺れる!」という状態になりがちでした。

おばあちゃんになった今、涼しい場所や暖かい場所をちゃんと把握しているので自分の好みの場所で眠っています。
ですが、先日私が体調不良で休んでいた時、犬がいる居間で横になっていたのですが、ふと目を開けた時に犬がお腹のところで寝て居ました。「あれっ」と思っていると犬も目を覚まして手をペロペロと舐めてくれた時は、「心配して添い寝してくれたんだ!」と思ってしまいました。

来客があると吠えながら飛び出して行って多くの人を驚かせ、こちらの思うようにおとなしくしてくれないことに苛立ちを覚えることもありますが、それでも可愛いものです。
今日も犬が玄関に座って待っているんだと思うと、一秒でも早く帰って「ただいま!」と言いながら頭を撫でてやりたいと思います。
すでに14歳ですが、7歳を超えた頃からドッグフードにはすごく気をつけました。食も細ってきますので、できるだけ食いつきがよく、体にいいものを与えて来ました。
皆さんもドッグフード 7歳以上は十分気をつけて下さいね。ちょっと高いけど愛犬のためにはしょうがないです!

Posted on カテゴリー: BLOG.